アミメアリ(読み)あみめあり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミメアリ
あみめあり / 網目蟻
[学]Pristomyrmex pungens

昆虫綱膜翅(まくし)目アリ科に属する昆虫。日本各地および台湾、中国に分布する。体長は働きアリで約3ミリメートル。体は暗褐色で触角や脚(あし)はより淡色。頭・胸部には粗い網目状の皺刻(しゅうこく)がある。樹木の空洞、石下、家屋のすきまなど既存の空所を巣とする。長い行列をつくり餌場(えさば)に通う。また、行列をなしてしばしば巣を移転する。女王階級をもたず、単為生殖によって働きアリだけで繁殖する点で、アリ類のなかでは特異な存在である。少数の雄が生産されることもあるが、彼らは生殖に関与しないと考えられている。[山内克典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアミメアリの言及

【アリ(蟻)】より

…オオズアカアリのように働きアリに大小2型がある場合は,大型のものを兵アリと呼ぶ。アミメアリ(イラスト)では雌アリの階級を欠き,働きアリの産卵でのみ繁殖する。一般に雌アリの寿命は長く,10年以上生存するものもあるが,働きアリでは1~2年である。…

※「アミメアリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android