コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメンエムヘト1世 アメンエムヘトいっせいAmenemhet I; Ammenemēs I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメンエムヘト1世
アメンエムヘトいっせい
Amenemhet I; Ammenemēs I

[生]?
[没]前1962
古代エジプト第 12王朝初代の王 (在位前 1991~62) 。ギリシア名アメネメス1世。第 11王朝のメントゥホテプ王の大臣だったが,地方総督の支援のもとに第 11王朝末の混乱を収めて即位。首都をテーベからカイロ南南西 90kmのファイユームへ移し,支持者を要職につけ,アジア人の侵入を防ぐためにナイルデルタ地帯の東部と西部国境ならびに上ナイル各地に砦を構築,シナイ半島の銅を採掘して国力を回復した。治世 20年目にして息子セソストリス1世と共治を始め,前 1962年暗殺された。息子あての「アメンエムヘトの教訓」書,暗殺前後のセソストリス1世の事績を述べた『シヌヘ物語』など政治的色彩の濃い文書が現存する。王墓はリシェトにある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アメンエムヘト1世の関連キーワードアメンエムヘト2世ファイユーム中王国時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android