コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメント アメントAment

翻訳|Ament

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメント
Ament

エジプトの女神。アメントとは「西方の」を意味する形容語。起源的には,下部エジプト西方のリビア郡の女神。のちに西方が地下界を意味するものとされると,この西方の女神は死者を迎える冥界の女神となった。同様の役割をする神としてヌトハトル,ネイトなどがある。砂漠の入口の彼岸界への門のところで,その宿り場所である木陰から半身を現して死者たちを迎え,パンと水を差出す図がしばしばみられる。頭上にだ鳥の羽を1本,あるいはだ鳥の羽と1羽のたかを載せた姿で表現されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アメントの関連キーワードフリウリ・ベネチア・ジュリアオランダ領アンティルバリアフリーイギリス憲法ベネチア湾機能障害電子調達断層地形ベネトオタワアルバ田中功

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android