コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメンホテプ2世 アメンホテプにせいAmenhotep II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメンホテプ2世
アメンホテプにせい
Amenhotep II

古代エジプト第 18王朝の王 (在位前 1450~25) 。トゥトモス3世の子。父王の死後7年目に勃発したシリアの乱を鎮圧,多くの戦利品を獲得するとともにヌビアの首都に反乱首謀者7人の王の死体をさらして秩序を維持した。さらにガリラヤ湖まで遠征して,ミタンニバビロンヒッタイトなどに朝貢させ,その財力をもって各地に神殿を建立,修理した。弓術にすぐれ,並みはずれた体力の持主で軍事的才能を有していた。彼のミイラテーベの「王陵の谷」で発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アメンホテプ2世の関連キーワードトゥトモス4世メルネプタハカナン王陵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android