アラン レビット(英語表記)Alan Levitt

20世紀西洋人名事典の解説

アラン レビット
Alan Levitt


1932.11.11 -
米国のジャズ演奏家。
ニューヨーク生まれ。
1950年代にプロになり、’52年スタン・ゲッツ、’53年にリー・コニッツレニー・トリスターノ、テディ・チャールズの下で演奏の腕を上げる。’56年渡欧してオランダでピア・ベックと、フランスではシドニー・ベシェやマーシャル・ソラールと共演。’58年に帰米、その後秋吉敏子ジャッキー・マクリーン、クリス・コナー等の下で演奏、’80年代に入ってはチェット・ベイカー等と共演している。代表作は「チューン・アップ/チェット・ベイカー」などである。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android