アリヅカコオロギ(英語表記)Myrmecophila sapporensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリヅカコオロギ
Myrmecophila sapporensis

直翅目アリヅカコオロギ科。微小なコオロギで体長 2.5~3mmほど。無翅で,ヤマアリ,ケアリなどの巣中にすむ,アリとの共生昆虫の1種。体色は濃褐色で,全体を金色微毛がおおっている。体は豆粒状で,頭は前胸背下にほとんど隠れる。後肢は短く,後腿節は上下に幅広い。尾角は体に比べて大きく,角状に突き出ている。雌の産卵管も体に比べて大きく,長さ約 1.7mm。幼虫は淡色。幼虫,成虫とも一年中みられ,アリ巣中をすばしこく歩き,アリの体にそっと近づいて体表の分泌物をなめて生活する。 (→直翅類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アリヅカコオロギ【Myrmecophila sapporensis】

直翅目アリヅカコオロギ科の昆虫。アリの巣中で,アリと共生する微小なコオロギ。日本産コオロギ類中の最小種で,体長は2.5~3mm程度。ヤマアリ,ケアリなどの巣中に好んですみ,アリの体表をなめたりして生活している。成虫は濃い褐色をしており,体の全面に金色の微毛を密生させているので,見る方向によって金色に光って見える。腹面は白っぽい。幼虫は淡い褐色をしており,より小型。成虫,幼虫とも一年中見られる。体は楕円形で背側に強く膨らんでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリヅカコオロギ
ありづかこおろぎ / 蟻塚蟋蟀
[学]Myrmecophila sapporensis

昆虫綱直翅(ちょくし)目アリヅカコオロギ科に属する昆虫。アリの巣の中でアリと共生する小形のコオロギ。体長2.5~3ミリメートルほどで、日本産コオロギ類中の最小種。成虫は濃褐色で、体表に金色微毛を密生し、無翅である。日本全国に分布する。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android