コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直翅類 ちょくしるい Orthoptera

5件 の用語解説(直翅類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直翅類
ちょくしるい
Orthoptera

直翅目 (バッタ目) に属する昆虫の総称。コオロギキリギリスバッタケラなど後肢がいわゆる跳躍肢に変形した類をさす。広義にはゴキブリ類カマキリ類ナナフシ類ガロアムシ類などを含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょくし‐るい【直×翅類】

直翅目の昆虫の総称。コオロギキリギリスバッタケラなど。体はほぼ円筒状で、後脚は跳躍のために発達している。前翅(まえばね)は屋根形に置かれ、後ろ翅はその下に扇状に畳まれる。雄は前翅に発音器をもつものが多い。不完全変態をする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

直翅類【ちょくしるい】

昆虫綱の1目。バッタ目ともいう。いわゆる跳躍肢をもつグループで,コオロギ,ケラ,キリギリス,バッタなどを含む。既知種2万以上。前翅は革質。後翅は膜質で静止時には前翅の下にたたまれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくしるい【直翅類】

節足動物門昆虫綱の1目Orthopteraを指し,分類学的には多新翅群の中の1目。ケラ,コオロギ,コロギスカマドウマ,キリギリス,ノミバッタ,ヒシバッタ,バッタなどの類を含む。前・後翅をおおむね縦にし,体の軸に沿ってまっすぐに腹部背方ないし側方に置くことから〈直翅〉の名が出た。この目は,また後肢が跳躍のためのあしとして顕著に長く大きくなる共通の特徴があるので,跳躍類とも呼ばれるが,最近では用いられない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直翅類
ちょくしるい

昆虫綱の直翅目Orthopteraの総称。不完全変態昆虫類に属する一群で、コオロギ、ケラ、カマドウマ、コロギス、キリギリス、バッタ、ヒシバッタ、ノミバッタなどの類が含まれる。後肢が跳躍のために長大となり、かつ変形して跳躍肢となった昆虫群で、このため跳躍目ということもある。世界各地に分布し、1万5000種以上が知られる。
 微小な種から大形の種まで多様である。頭部はおおむね縦卵形、口器はかむ型。前胸は大きく、背板は鞍(くら)状でよく発達し、中・後胸を覆う。前翅は細長く、鞘翅(しょうし)状でやや厚い。後翅はほぼ半円状で、膜質、静止時に前翅下に扇状に畳まれる。産卵管はよく発達している。またはねなどにある発音機構が発達しており、一方、聴器としての鼓膜が前肢脛節(けいせつ)や腹部第一節などにみられる。
 地上、草上、樹上などに生息し、主として跳躍により移動し、飛ぶこともある。体が大きいため、飛び方はあまり上手ではない。植物の葉を食するものが多いが、コオロギ類やカマドウマ類のように雑食性のものもあり、コロギスや一部のキリギリス類のように食虫性のものもある。卵はおおむね細長で、土中に産み込まれるものが多いが、植物組織中に産み込まれることもある。変態は不完全であるので、幼虫は成虫と類似した形態をしている。
 直翅目は二亜目に分けられる。一般に触角が体長よりも長く、産卵管は長くて突き刺す型のキリギリス亜目と、触角は体長よりも短く、また産卵管も短くて上下に動かせる型のバッタ亜目とである。キリギリス亜目のほうがより原始的で、コオロギ上科Grylloidea、カマドウマ科Rhaphidophoridae、コロギス科Gryllacrididae、キリギリス科Tettigoniidaeが含まれる。バッタ亜目にはオンブバッタ科Atractomorphidae、バッタ科Acrididae、イナゴ科Catantopidae、ヒシバッタ科Tettigidae、ノミバッタ科Tridactylidaeなどが含まれる。日本からは200種以上が知られている。トノサマバッタは各種作物の害虫として知られ、コオロギ類は野菜やムギなどの、イナゴ類はイネの、それぞれ害虫となる。一方、スズムシ、マツムシ、カネタタキ、クサヒバリ、カンタン、キリギリス、クツワムシなどはよく発音するため、古くから愛玩(あいがん)昆虫として飼養され、また市販もされている。
 なお、直翅類という語は、ゴキブリ、カマキリ、ナナフシなどを含めて広義にいうときにも用いられる。また、直翅目をまとめていう英名はなく、コオロギcricket、バッタgrasshopperなどと個々の群についていう語がそれぞれに用いられる。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直翅類の関連キーワード結合類鞘翅類節足動物側節足動物袋形動物大顎動物界鉤頭虫化石節足動物節足動物化石

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

直翅類の関連情報