コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリンガム Allingham, William

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリンガム
Allingham, William

[生]1824
[没]1889
アイルランドの詩人。最も野心的な作品は『アイルランドのロレンス・ブルームフィールド』 Laurence Bloomfield in Ireland (1864) であるが,短い抒情詩に佳作が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリンガム
ありんがむ
Margery Allingham
(1904―1966)

イギリスの女流推理作家、社会歴史学者。1927年ごろより、探偵キャンピオンCampionを主人公とする、冒険的色彩の強い、軽いタッチの推理小説を次々に発表して評判を得たが、1934年の『幽霊の死』、続く1936年の『判事への花束』からは、鋭い性格描写と巧みな社会背景の導入で、文学的味わいの濃い推理作品を発表するようになった。第二次世界大戦後は推理小説の数は少なく、社会歴史学の本や一般小説の発表が多くなったが、ロンドンの暗黒街の殺人を扱った『煙の中の虎(とら)』(1952)は高い評価を受けている。[梶 龍雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アリンガムの関連キーワード5月20日3月19日

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android