コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルガル遺跡 アルガルいせきArgar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルガル遺跡
アルガルいせき
Argar

スペインのアルメリアの近くにある初期青銅器時代の遺跡。同名の文化の標準遺跡となっている。遺跡は集落址であり,住居は長方形である。アルガル文化は南スペイン地方に広がり,主として埋葬形式から2期に分けられている。土器無文であり,種々の器形がみられる。青銅製の利器には,短剣,斧などがみられ,ボタン,腕輪なども青銅でつくられている。埋葬形式は古い時期には石棺,新しい時期には甕棺に葬ることが一般的である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android