コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゲーロ Alghero

デジタル大辞泉の解説

アルゲーロ(Alghero)

イタリア半島の西方、サルデーニャ島、サルデーニャ自治州の港町。同島北西部に位置し、14世紀半ばから約400年にわたりアラゴン王国に支配された歴史的経緯から、現在もカタルーニャ語の方言が話されている。城壁に囲まれた旧市街には、その一部にカタルーニャ‐ゴシック様式が残るアルゲーロ大聖堂やサンフランチェスコ教会があるほか、周辺には先史時代に築かれた巨石建造物ヌラーゲが点在する。海岸保養地であり、サンゴの産地としても知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルゲーロ
あるげーろ
Alghero

イタリア、サルデーニャ島北西部サッサリ県の都市。人口3万9372(2001国勢調査速報値)。11世紀にジェノバ人によって建設されたが、1353年アラゴン王国の支配下に入り、住民はカタルーニャ人にとってかわられた。そのため、いまなおカタルーニャ方言が話されている。近郊には、先史時代のサルデーニャ巨石文化を代表するヌラーゲという巨大建造物の遺跡がある。オリーブ油、ぶどう酒、サンゴを産し、観光地としても脚光を浴びている。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アルゲーロの関連キーワードネプチューンの洞窟

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android