コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゲーロ アルゲーロ Alghero

2件 の用語解説(アルゲーロの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アルゲーロ(Alghero)

イタリア半島の西方、サルデーニャ島、サルデーニャ自治州の港町。同島北西部に位置し、14世紀半ばから約400年にわたりアラゴン王国に支配された歴史的経緯から、現在もカタルーニャ語の方言が話されている。城壁に囲まれた旧市街には、その一部にカタルーニャゴシック様式が残るアルゲーロ大聖堂やサンフランチェスコ教会があるほか、周辺には先史時代に築かれた巨石建造物ヌラーゲが点在する。海岸保養地であり、サンゴの産地としても知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルゲーロ
あるげーろ
Alghero

イタリア、サルデーニャ島北西部サッサリ県の都市。人口3万9372(2001国勢調査速報値)。11世紀にジェノバ人によって建設されたが、1353年アラゴン王国の支配下に入り、住民はカタルーニャ人にとってかわられた。そのため、いまなおカタルーニャ方言が話されている。近郊には、先史時代のサルデーニャ巨石文化を代表するヌラーゲという巨大建造物の遺跡がある。オリーブ油ぶどう酒、サンゴを産し、観光地としても脚光を浴びている。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルゲーロの関連キーワードオルビアヌオロサルデーニャサルデーニャ王国カリアリ大聖堂サンタマリアディベトレム教会サンパンクラツィオの塔ネプチューンの洞窟バルーミニポルトチェルボ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルゲーロの関連情報