アルコキシド

化学辞典 第2版の解説

アルコキシド
アルコキシド
alkoxide

アルコラート(alcoholate)ともいう.アルコールのヒドロキシ基の水素を金属で置換した化合物をいう.アルコキシドは対応するアルコールの名称の語幹をとってCH3OM(MはNa,K,Ca,Alなどの金属)はメトキシド,C2H5OMはエトキシドなどという.アルカリ金属アルコールに溶かすと水素を発生してアルコキシドを生成する.水酸化カリウム,水酸化ナトリウムをアルコールに溶かしてもアルコキシドが生成するが,水分が共存することになる.アルミニウムアルコキシドは少量の塩化水銀(Ⅱ)の共存下にアルミニウムとアルコールを加熱してつくる.アルコキシドはアルコキシド陰イオンを発生させるもので,この陰イオンが直接求核反応に関与するとアルコキシ化が起こり,反応にあずかる物質からプロトンを奪って反応を起すると,縮合剤として作用することになる.高級アルコールのアニオンを発生させるには,水素化ナトリウムがよく用いられる.アルミニウムアルコキシドは,メアワイン-ポンドルフ-バーレー還元の反応試剤として重要である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android