コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルサケス Arsaces

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルサケス
Arsaces

[生]?
[没]前248/前247
古代イラン,アルサケス朝パルティア帝国の始祖 (在位前 250?~248/7) 。カスピ海東方で遊牧していたイラン系種族パルニ族の族長であったが,前 250年頃パルティア地方に侵入し,セレウコス朝バクトリア総督を倒してアルサケス朝の基礎を据えた。バクトリア人との戦いで戦死したといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルサケスの関連キーワードチリダテス2世[古代イラン]チリダテス3世[古代イラン]西・南アジア史(年表)ミトリダテス[2世]アルダシール[1世]ミトリダテス(1世)ミトリダテス[1世]ミトラダテス1世アルタバヌス5世アルタバヌス3世ミトラダテス2世ボロゲセス3世パルティア美術ボロゲセス1世パフラビー文学フラーテス3世フラーテス4世フィルザバードフラーテス2世ボノネス1世

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android