コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルサケス Arsaces

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルサケス
Arsaces

[生]?
[没]前248/前247
古代イラン,アルサケス朝パルティア帝国の始祖 (在位前 250?~248/7) 。カスピ海東方で遊牧していたイラン系種族パルニ族の族長であったが,前 250年頃パルティア地方に侵入し,セレウコス朝バクトリア総督を倒してアルサケス朝の基礎を据えた。バクトリア人との戦いで戦死したといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルサケスの関連キーワードチリダテス3世[古代イラン]チリダテス2世[古代イラン]西・南アジア史(年表)アルダシール[1世]ミトリダテス[1世]ミトリダテス(1世)ミトリダテス[2世]ミトラダテス1世ミトラダテス2世アルタバヌス5世アルタバヌス3世フィルザバードボロゲセス1世フラーテス4世パルティア美術ボロゲセス3世パフラビー文学フラーテス2世フラーテス3世ボノネス1世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android