コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

添付 テンプ

世界大百科事典 第2版の解説

てんぷ【添付】

民法が特殊な所有権取得の原因として規定する付合(ふごう),混和,加工の総称。付合とは,A所有の土地にBが種苗を植栽するとか,A所有の建物にBが自分の材料で増改築をなす場合のように,所有者の異なる数個の物が結合することであり,混和とはAの米とBの米とが混ざり合わさるような場合をいい,加工とは,他人の動産に工作を加えることをいう。これらの上位概念として付と称するゆえんは,これらが次のような共通の問題性を有するからである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんぷ【添付】

( 名 ) スル
書類などに、その補足として他の物を付け加えること。 「案内状に地図を-する」
〘法〙 民法上、所有者を異にする二個以上の物が結合して分割できなくなった時(附合・混和)、または他人の物を加工して新たな物を生じた時(加工)に、所有権の得失を生ずること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

添付
てんぷ

民法上、付合、混和、加工の総称。甲の土地に乙が樹木を植え、それが根を張ったときは、樹木の所有権は甲の土地所有権に吸収される。このように、所有者の異なる2個以上の物が結合して1個の物になる場合(前述の例のような場合を「付合」といい、甲の酒と乙の酒とが混ざり合って新しい酒になるような場合を「混和」という)や、他人の材料に加工して別種の物を作成した場合(「加工」という)を、民法上、添付という。民法では、だれが新しい物の所有者になるかということと、所有権を失う者が償金を請求できることが規定されている。原則として、大きな価値を提供した者が新しい物の所有権を取得し、損失を受けたほうは不当利得の返還を請求できる(民法242条~248条)。
 なお、国際法上は、土地の自然拡張(領海内の島の隆起、沿岸地の堆積(たいせき)など)による領土の取得を添付という。[高橋康之・野澤正充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

添付の関連キーワード添付ソフトbundled softwareキャビア国際統一ラベリング・システムB's Recorder GOLDウィンドウズNTサーバーアンチスパムフィルターコピープロテクションシュリンクラップ契約熊本市議の政務調査費ベースろくじゅうよん県議会での政務活動費LoveLetterインターネットFAX収支報告書と領収書TeachText登記原因証明情報B外国語書面出願ウイルスメールハッピー99クリーンビル

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

添付の関連情報