アルシノエ4世(読み)アルシノエよんせい(英語表記)Arsinoē IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルシノエ4世
アルシノエよんせい
Arsinoē IV

[生]前63
[没]前41
エジプト,プトレマイオス朝時代の女王。プトレマイオス 12世アウレテスの末娘。有名なクレオパトラ7世,およびプトレマイオス 13世,同 14世の妹。アレクサンドリア戦争 (前 48~47) のとき,ユリウス・カエサルと結んだクレオパトラに抗し,前 48年カエサルがアレクサンドリアに上陸すると,逃れてエジプト軍に加わったが,ローマ軍に敗れ,捕えられた。カエサルによってローマに連行され,凱旋行進で引回された。その後クレオパトラを恐れて,小アジアのエフェソスのアルテミスの神殿に身を寄せていたが,クレオパトラの要求によって M.アントニウスに暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android