コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルスフェルト Alsfeld

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルスフェルト
Alsfeld

ドイツ中部,ヘッセン州東部の小都市。 1231年都市権を得た農業地帯の市場町中世の町並みがよく保存されている。中央部の広場に面して建つ後期ゴシック様式の市庁舎 (1512) は,ドイツにおける木骨構造建物 (下部石造,上部は木造) としては最大級のものの一つ。工業は繊維,衣服関係が中心。人口約2万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アルスフェルト(Alsfeld)

ドイツ中部、ヘッセン州の町。旧市街には、後期ゴシック様式の市庁舎、ワルプルギス教会、木組み造りの民家などがあり、中世の面影が色濃く残っている。メルヘン街道沿いの町の一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アルスフェルトの関連キーワードルドルフ シュタムラー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android