コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルトゥーロ-トスカニーニの生家 アルトゥーロトスカニーニのせいか

1件 の用語解説(アルトゥーロ-トスカニーニの生家の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

アルトゥーロトスカニーニのせいか【アルトゥーロ-トスカニーニの生家】

イタリア北部の都市パルマ(Parma、エミリア・ロマーニャ州パルマ県の県都)にある、世界的指揮者アルトゥーロ・トスカニーニ(Arturo Toscanini、1867~1957年)が生まれ育った家。若くしてチェロを学んだトスカニーニは、生まれてから音楽学校を首席で卒業するまで、この家で暮らした。没後50年を迎えた2007年1月16日に、遺族からの寄贈を受けて博物館としてオープンし、彼の写真、資料、遺品や蓄音機コレクションなどを展示している。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルトゥーロ-トスカニーニの生家の関連キーワードパルマトレビスエミリアロマーニャパルマ大聖堂パルマリア島ピロッタ宮殿テルマディーフパルマハムイタリアの解放記念日マルタリアーティ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone