アルドン酸

  • aldonic acid
  • アルドンサン

化学辞典 第2版の解説

アルドースのアルデヒド基のみを,穏やかに(たとえば,臭素水,電解酸化法などで)酸化することによって得られるヒドロキシモノカルボン酸をいう.たとえば,グルコースからはグルコン酸が得られる.減圧下で加熱すると,容易にグルコノラクトンになる.アルドン酸ラクトンを十分に還元すれば糖アルコールになるが,ナトリウムアマルガム,水素化ホウ素ナトリウムなどで注意深く還元すればアルドースが得られる.また,アルドン酸をピリジンのような塩基性溶媒中で熱するとα位がエピマー化するので,これらの反応は,アルドースをそのエピマーに相当するアルドースに変換するのに利用される.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android