コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭素水 シュウソスイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臭素水
しゅうそすい
bromine water

臭素の水溶液。20℃で水100グラムに3.58グラムの臭素が溶ける。臭素(液)に対する水の溶解度は20℃で0.046%と低い。臭素水中では次の平衡により次亜臭素酸を生じている。
  Br2+H2OHBrO+HBr
塩素水に比べて加水分解の程度は小さい。光により酸素を発して分解する。低温では八水和物Br28H2Oを生じる。塩素水より弱い酸化剤でヨウ化物イオンからヨウ素を遊離する。[守永健一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

臭素水の関連キーワードトリプトファンシステイン酸グルコン酸ヒスチジンアルシン臭素酸

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android