コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭素水 シュウソスイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臭素水
しゅうそすい
bromine water

臭素の水溶液。20℃で水100グラムに3.58グラムの臭素が溶ける。臭素(液)に対する水の溶解度は20℃で0.046%と低い。臭素水中では次の平衡により次亜臭素酸を生じている。
  Br2+H2OHBrO+HBr
塩素水に比べて加水分解の程度は小さい。光により酸素を発して分解する。低温では八水和物Br28H2Oを生じる。塩素水より弱い酸化剤でヨウ化物イオンからヨウ素を遊離する。[守永健一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

臭素水の関連キーワードトリプトファンシステイン酸グルコン酸ヒスチジンアルシン臭素酸

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android