アルバラド(英語表記)Pedro de Alvarado

世界大百科事典 第2版の解説

アルバラド【Pedro de Alvarado】

1485‐1541
スペイン人コンキスタドール。1518年フアン・デ・グリハルバによる第2次メキシコ遠征に参加。20年H.コルテスのメキシコ遠征に加わり,その右腕として活躍するが,〈悲しき夜(ノーチェ・トリステ)〉の発端となるインディオの大虐殺を行った。メキシコ征服後,23年グアテマラ総監兼総督に任命され,翌年グアテマラ市を建設。のち,ペルーへの遠征を企てるが途中で放棄し,ヌエバ・ガリシアで勃発したインディオの反乱,いわゆるミシュトン戦争鎮圧に向かい戦死した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアルバラドの言及

【エルサルバドル】より


[歴史]
 この土地には古くから,アステカ人と関係のあるピピル人ほか,いくつかの部族が住んでおり,ピピル人はクスカトランを首都にして国家形成の過程にあった。1524年にコルテスの部下ペドロ・デ・アルバラドらのスペイン人が侵入し,以来この地域はスペイン人支配下に置かれ,急速な混血化が進んだ。現国名は〈救世主〉を意味し,アルバラドの命名になるとされる。…

※「アルバラド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android