アルベール トーマ(英語表記)Albert Thomas

20世紀西洋人名事典の解説


1878 - 1932
フランスの政治家,国連職員。
元・軍需相,元・国際労働機関ILO初代事務局長。
ジョレスの「ユマニテ創刊の編集に参加し、代表的なフランス社会党論客となる。その後、統一後の社会党で執行委員から同党選出国会議員となる。又超党派的な全国消費組合連合を結成し、その国際組織を指導。第一次大戦勃発後軍需物資調達計画の立案に協力、軍需相に就く。戦後は経済復興を国際連盟の枠内で担当。この間国際労働機関ILOの設立に尽力し、初代事務局長となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android