コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルマンソル Almanzor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルマンソル
Almanzor

[生]938頃
[没]1002. メジナセリ
後ウマイヤ朝の宰相で,事実上の支配者。アルマンソルは,アラビア語の尊称アルマンスールがスペイン語になまったもの。本名はアブー・アーミル・ムハンマド・アルマンスールで,遠祖はイエメン出身のアラブ人コルドバで法学を修めたのち宮廷に入り,ハカム2世の死後,同志と幼少のヒシャーム2世の擁立に成功し,978年には国家の実権を握って独裁政治を行なったが,みずから新王朝を建設することはなかった。約 50回に及ぶキリスト教諸国への遠征,新都市マディーナ・アッザーヒラ (美しい町) の建設など,多くの建設的事業を行なって後ウマイヤ朝の威光を内外に示した。その専横はよくムスリム史家の批判の対象となるが,今日彼はイスラム世界が生んだ最大の政治家の一人として評価されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルマンソルの関連キーワードグレドス山脈サンチョ2世アーミル家

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android