コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相続放棄 そうぞくほうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相続放棄
そうぞくほうき

相続人が自己について開始した相続の効果を拒否する意思表示 (民法 938以下) 。相続財産債務超過である場合に,相続人が自己の意思に反して債務を相続することを免れるために認められた制度である。相続放棄をしようとする者は,自己のために相続が開始したことを知ったときから3ヵ月以内に家庭裁判所にその旨を申述しなければならない (938,915条) 。家庭裁判所が申述者の真意を認めて申述を受理したときは,放棄者は初めから相続人とならなかったものとみなされ (939条) ,共同相続の場合は,他の相続人の相続分がそれだけ増加する。しかし,この制度は,実際には,均分相続によって農地その他の家産が分散するのを防ぐために利用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

相続放棄【そうぞくほうき】

相続が開始した後に相続人がする相続拒否の意思表示。遺産の債務超過の場合を考慮して設けられたが,均分相続による農地等の分散を防ぐためにも利用される。放棄をするには,相続開始を知った後3ヵ月以内に家庭裁判所に申述しなければならない(民法938,915条)。
→関連項目限定承認代襲相続

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

そうぞくほうき【相続放棄】

相続人が自己のために開始した相続の効果を否定し、はじめから相続人でなかったことにする意思表示。相続開始後三か月以内に家庭裁判所にその旨を申し出ることが必要。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の相続放棄の言及

【限定承認】より

…負債があっても積極財産のほうが多ければ問題ないが,負債ばかりとか負債のほうが多い場合には,相続人が無条件で相続する(これを単純承認という)と,一生かかって負債を支払わなければならないということにもなりかねない。このような場合の相続人を保護するために認められている制度が,相続放棄と限定承認である。相続財産が負債ばかりであるとか負債のほうが多いことがすでにはっきりしているときは,相続人は相続放棄によって負債の支払を免れることができる。…

【相続】より

…これは,次の2面において確認することができる。第1は,相続放棄は,一定の時間的制限に服すことである(915条以下)。第2は,承認または承認とみなされる行為等があった場合には,もはや相続を放棄することができないということである(919条1項)。…

※「相続放棄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

相続放棄の関連情報