アル-アインの遺跡群(読み)アルアインのいせきぐん

世界遺産詳解の解説

アルアインのいせきぐん【アル-アインの遺跡群】

2011年に登録された世界遺産(文化遺産)。アル-アインは、アラブ首長国連邦のアブダビ首長国でアブダビ市に次ぐ都市であり、オマーンとの国境に近い古くからのオアシス都市である。この遺跡群は、アル-アインとハフィート、ヒーリー、ビダー-ビント-サウド、オアシス地域といったアル-アインの近接地域の遺跡群で構成されている。数多くの先史時代文化の遺跡が、すでに新石器時代において砂漠地域では定住生活が行われていたことを示しており、この地域において、人々が、どのようにして狩猟採集生活から定住生活に移行していったかを教えてくれる貴重な資料も提供してくれる。定住生活を示す顕著な遺構としては、紀元前2500年頃の石造円形墓、井戸、日干し煉瓦で建てられた住居・塔・宮殿・庁舎などの建造物がある。なかでもヒーリーにあるアフラージの灌漑システムは、鉄器時代までさかのぼる古いものだが、そのシステムの洗練度を示している。◇英名はCultural Sites of Al Ain(Hafit, Hili, Bidaa Bint Saud and Oases Areas)

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android