アレキサンダ・エミール エルサン(英語表記)Alexandre Emile John Yersin

20世紀西洋人名事典の解説

アレキサンダ・エミール エルサン
Alexandre Emile John Yersin


1863.9.22 - 1943.3.2
フランスの細菌学者。
スイス出身。
スイスのローザンヌ地方に生まれ、ローザンヌ大学卒業後ドイツ、フランスに留学、マールブルグ大学、パリ大学で医学を学び1889年フランスに帰化。パスツール研究所でルーと共にジフテリア抗毒素について研究、その後中国、ベトナムのパスツール研究所長を務め、’94年香港でペスト菌北里柴三郎とは別に、ほぼ同時に発見し血清を作る。ペスト菌の学名はその名に由来している。インドシナゴムの木を導入した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android