コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北里柴三郎 きたざとしばさぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北里柴三郎
きたざとしばさぶろう

[生]嘉永5(1852).12.20. 肥後,北里
[没]1931.6.13. 東京
細菌学者。日本細菌学の父といわれる。東京医学校 (現東京大学医学部) 卒業後,1885年から 91年までドイツに留学,R.コッホのもとで細菌学を学んだ。 89年破傷風菌の純粋培養に成功し,毒素を抽出。 90年 12月3日,これをウサギに注射して血清に抗毒素をつくらせ,この血清をヒトに注射することによって破傷風を予防,治療するという破傷風の血清療法を発表して,世界の学界を驚嘆させた。帰国後 92年に設立された伝染病研究所の所長に就任。 94年ホンコンに出張してペスト菌の発見を報告した。このとき,フランス人 A.イェルサンも同地で別個にペスト菌を発見した。 1908年,日本人として初めてイギリスのロイヤル・ソサエティの外人会員に選ばれる。 14年政府は伝染病研究所を内務省所管から文部省へ移し,東京帝国大学付属を決定したので,これに反対して所長をやめ,北里研究所を創立した。 17年,慶應義塾大学に医学部を創設するにあたってその医学科長となった。また 13年,日本結核予防協会を創設,その副会頭として結核撲滅に努めるなど,日本の公衆衛生に力を尽した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きたさと‐しばさぶろう〔‐しばサブラウ〕【北里柴三郎】

[1852~1931]細菌学者。熊本の生まれ。ドイツに留学、コッホのもとで研究し、破傷風菌純粋培養に成功、さらに抗毒素を発見。帰国後ペスト菌を発見し、血清療法を研究。伝染病研究所長を務めたが、その東大移管に反対し、私財を投じて北里研究所を創立した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

北里柴三郎【きたざとしばさぶろう】

細菌学者。熊本県の生れ。熊本医学校を経て1883年東大卒。1886年ドイツに留学,コッホ師事し,1889年破傷風菌の純粋培養に成功。さらにベーリングとともに血清療法を創始した。
→関連項目青山胤通ジフテリア血清破傷風菌秦佐八郎ベーリング

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北里柴三郎 きたざと-しばさぶろう

1853*-1931 明治-昭和時代前期の細菌学者。
嘉永(かえい)5年12月20日生まれ。明治18年ドイツに留学,コッホに師事。22年破傷風菌の純粋培養に成功し,翌年破傷風の血清療法を開発する。27年香港でペスト菌を発見。その間の25年私立の伝染病研究所を設立。同研究所の東京帝大移管に反対して辞職し,大正3年北里研究所を創設した。慶大医学部初代学部長,日本医師会初代会長。学士院会員。昭和6年6月13日死去。80歳。肥後(熊本県)出身。東京大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

北里柴三郎

没年:昭和6.6.13(1931)
生年:嘉永5.12.20(1853.1.29)
明治大正期の医学者。肥後(熊本)生まれ。藩校の時習館から熊本医学校に学び,明治8(1875)年東京医学校(のちの東大医学部)に入学。明治16年漸く医学士となる。翌年内務省衛生局に職を得,明治18年ドイツのコッホの下に留学。明治22年破傷風菌の培養単離に成功,また菌体の毒素を動物に注入し,血清中に抗体を生じさせ,それを治療に利用する「血清療法」を開発,翌23年には,ジフテリアにもこの方法を応用,国際的名声を得る。23年帰国。東大と反目,私立伝染病研究所の所長となり,秦佐八郎,志賀潔ら優秀な所員を集めた。大正3(1914)年文部省がこの研究所を東大に吸収することを企て,所員は総辞職,新たに私立北里研究所を設立,大正5年には慶応義塾の医学校の創設に参画。学士院会員,貴族院勅選議員,日本医師会初代会長などを歴任した。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きたざとしばさぶろう【北里柴三郎】

1852‐1931(嘉永5‐昭和6)
明治・大正期の細菌学者。肥後国阿蘇郡北里村に生まれ,1869年(明治2)藩校時習館に学び,熊本医学所を経て75年東京医学校に入学,同校後身の東京大学医科大学を83年に卒業し,翌年内務省衛生局東京試験所に勤務。85年ドイツに留学。R.コッホに師事し細菌学の研究に専念し,89年破傷風菌の純培養に成功,翌年E.vonベーリングとともにジフテリアおよび破傷風の抗毒素を発見し,血清療法の基礎を築いた。この業績に対し欧米諸国から招聘(しようへい)が相次いだが辞して92年帰国。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きたさとしばさぶろう【北里柴三郎】

1852~1931) 細菌学者。肥後の人。東大卒。ドイツに留学、コッホのもとで研究し、破傷風菌の純粋培養に成功、さらに血清療法を発見。帰国後、伝染病研究所長、のち北里研究所を創設。ペスト菌の発見者でもある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北里柴三郎
きたさとしばさぶろう
(1852―1931)

細菌学者。肥後国(ひごのくに)北里村(熊本県阿蘇(あそ)郡小国(おぐに)町)の総庄屋(そうしょうや)北里帷信の長男に生まれる。1871年(明治4)熊本の医学所病院(のち熊本医学校)で蘭医(らんい)マンスフェルトに師事、その指示により東京医学校に入り、苦学勉励し、1883年東京大学医学部(東京医学校の後身)を卒業。行政官を志し内務省衛生局に入り、局長長与専斎(ながよせんさい)の細菌学導入計画に加わり、1884年2月ドイツ留学より帰った東大教授緒方正規(おがたまさのり)が兼務する衛生試験所細菌室で学んだ。約10か月後、緒方の紹介を得てドイツに留学、1885年1月コッホの研究室に入り、ここで水素ガスを用いてウシの嫌気性菌・気腫疽菌(きしゅそきん)の純培養に成功し、ついで破傷風菌の純培養に成功、破傷風毒素・破傷風免疫の研究に進む。1890年ジフテリアの免疫研究者E・ベーリングと共著で「ジフテリアおよび破傷風の血清治療について」という免疫血清治療発見の論文を発表、北里の名は全世界に広がった。ベーリングはこの研究を発展させ第1回ノーベル医学生理学賞(1901)を受賞することになる。
 北里は、コッホのツベルクリン研究修得のため皇室内帑金(ないどきん)によって留学期間を延長、プロイセン政府よりプロフェソールの称号を受け、1892年に帰国した。しかし国内には彼の研究すべき場がなく、これを知った福沢諭吉が、東京芝公園内に北里のために伝染病研究所を建て、大日本私立衛生会の管理とした。1894年、官命により香港(ホンコン)のペスト流行を調査しペスト菌を発見、これは独立的に同時発見したエルサンと並ぶ功績である。この年、研究所は動物舎や病室を備えた新研究所になり、北里は治療用免疫血清・予防用ワクチン製造と後進の育成に努めた。1899年伝染病研究所が内務省管轄となり、以後北里は伝染病研究所所長として防疫指導にあたった。この間、各国政府、学会から名誉会員などの栄を受け、1906年(明治39)帝国学士院会員となった。しかるに1914年(大正3)10月大隈重信(おおくましげのぶ)内閣が突如、伝染病研究所を東京帝国大学の組織下に移すことを発表、北里は反対し、彼と全職員が辞職した。そして私財をもって北里研究所を創立、生涯所長を務めた。1917年慶応義塾大学医学部創設に際し医学科長に就任。貴族院議員、大日本私立衛生会会頭、日本医師会会長、第6回極東医学会会頭などを歴任、1924年男爵に叙せられた。昭和6年6月13日、脳出血により急逝した。[藤野恒三郎]
『北里柴三郎、中村桂子著『破傷風菌論――生の場・能動知性1』(1999・哲学書房) ▽長木大三著『北里柴三郎――北里大学学祖』(1977・竹内書店新社) ▽長木大三著『北里柴三郎とその一門』(1989/増補版・1992・慶応通信) ▽若山三郎著『人類をすくった“カミナリおやじ”――信念と努力の人生・北里柴三郎』(1992/オンデマンド版・2000・PHP研究所) ▽長木大三著『北里大学誕生の記』(1998・慶応義塾大学出版会) ▽野村茂著『北里柴三郎と緒方正規――日本近代医学の黎明期』(2003・熊本日日新聞社) ▽砂川幸雄著『北里柴三郎の生涯――第1回ノーベル賞候補』(2003・NTT出版) ▽山崎光夫著『ドンネルの男・北里柴三郎――生誕150年』上下(2003・東洋経済新報社) ▽篠田達明著『闘う医魂 小説・北里柴三郎』(文春文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の北里柴三郎の言及

【医学】より

…しかしその弟子たちは,病原菌の発見から,画期的な治療法を発見した。1883年E.クレブスとF.A.J.レフラーがジフテリア菌を発見,90年には同門の北里柴三郎は菌から毒性成分を分離した。彼はさらにベーリングとともに,これを動物に少量ずつ注射して,かなりの量にも耐えられるようになったところで,その動物の血清がジフテリアにかかった動物を回復させる能力のあることを発見(1893),同様な方法で,2人は破傷風についても治療血清をつくりだした。…

【慶応義塾大学】より

… この大学が日本の近代化の過程で果たした文化的・社会的役割はきわめて大きい。永井荷風を主幹として1910年創刊された《三田文学》に代表される文学史上の輝かしい足跡をはじめ,福沢の熱意を受けて北里柴三郎が創設した医学部は官立医学への激しい対抗の中から医学界に独自の領域を開拓し,その発展を支えた慶応医学の伝統を生みだし,創設以来の伝統ある理財科(経・商・法)は実業界に幾多の指導的人材を輩出している。大隈重信の早稲田大学とともに,日本の私立大学の双璧をなす代表的私学の一つである。…

※「北里柴三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北里柴三郎の関連キーワードベーリング(Emil Adolf von Behring)ジェイムズ・R. バーソロミューアレキサンダ・エミール エルサン熊本県阿蘇郡小国町北里東京大学医科学研究所熊本県阿蘇郡小国町北里柴三郎記念館小野田 翠雨不破 雄子梅野 信吉北里裟袈男北里善次郎レフラー不破雄子青山霊園

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北里柴三郎の関連情報