コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アワサンゴ アワサンゴAlveopora japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アワサンゴ
Alveopora japonica

刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴ目ハマサンゴ科。水の泡が固まったような群体をつくるイシサンゴ。群体は鶏卵大で,直径 3mmほどの莢の壁に多くの細いとげや孔がある。ポリプは褐色や緑褐色で,柄を長く伸ばす。触手は 12本あり,先端が丸い。相模湾以南に分布し,水深5~10mの海底にすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アワサンゴ【Alveopora japonica】

イシサンゴ目ハマサンゴ科の腔腸動物(刺胞動物)。相模湾以南の暖海域に分布し,水深5~10mの海底に生息する。直径2~3mmの石灰質の莢(きよう)がたくさん集まってふつうニワトリの卵くらいの大きさの群体をつくる。このようすが泡が集まったようなので,この名がある。莢はほぼ六角形で,莢壁には円形の穴が列になって並んで網目状になり,上縁にはとげ状の突起列がある。生きているときはおのおのの莢から褐色や緑褐色のポリプを長くのばす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アワサンゴの関連情報