コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細い コマイ

デジタル大辞泉の解説

こま・い【細い】

[形](多く西日本で)
形や量、数などが小さい。こまかい。
「何歳(いくつ)かい。何、十二、―・いな」〈蘆花思出の記
けちけちしている。おに細かい。「金に―・いことをいう」

ほそ・い【細い】

[形][文]ほそ・し[ク]
棒状のものの径が小さい。周囲が小さい。また、肢体などがやせている。「麺(めん)が―・い」「首まわりが―・い」「―・い腕」⇔太い
線状のものの幅が小さい。幅が狭い。「道が―・くなる」「―・い罫(けい)」「―・い目」⇔太い
量が少なく、勢いが弱い。「ガスの炎を―・くする」「食が―・い」「乳の出が―・い」
声量が少ない。また、高く弱々しい声である。「―・い声で話す」⇔太い
気が小さい。また、繊細である。「神経が―・い」⇔太い
物事の規模が小さい。栄えていない。「商売が―・くなる」⇔太い
[派生]ほそさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こまい【細い】

( 形 )
こまかい。ちいさい。 「何歳いくつかい。何、十二、-・いな/思出の記 蘆花

ほそい【細い】

( 形 ) [文] ク ほそ・し
棒状のものの直径が短い。 「 - ・い管」 「 - ・い枝」 「 - ・いうどん」
帯状のものの幅が小さい。幅がせまい。 「 - ・い線」 「 - ・い道」 「 - ・い目」
(人間や動物について)やせている。 「 - ・い体」
声が小さい。高音だがよく響かない。 「蚊の鳴くような-・い声」
勢いが盛んでない。弱々しい。 「食が-・い」 「御末-・くぞ/大鏡 為光
小さい。細かい。 「 - ・き穴を明けたらんに/徒然 137
▽↔ ふとい
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

細いの関連キーワードキャットウオークエオルス音ヘアライン小弦・小絃しおくぐレース針宝引き縄細透かし毛彫り鏨簓子塀河童巻牛蒡縞毛描筆欄間縁刺繍鋏毛細管源氏糸千筋染小紐派生

細いの関連情報