丸い(読み)マルイ

デジタル大辞泉「丸い」の解説

まる・い【丸い/円い】

[形][文]まる・し[ク]
またはの形をしている。「地球は―・い」「目を―・くする」
物にかどがない。また、曲線を描いている。「面取りして柱のかどを―・くする」「背中が―・くなる」
かどかどしくなく、穏やかである。円満である。「―・く納まる」「人柄が―・くなる」
[派生]まるさ[名]まるみ[名]
[補説]ボールや果物など球形については多く「丸い」の表記を用いる。
[類語](1まろい丸っこい真ん丸まろやかまどつぶ円形球形球状・円盤状・輪形/(3マイルドまろやか穏やか穏便穏当紳士的婉曲えんきょく甘美快美当たらず触らず物柔らか曖昧ほどほど控え目ソフト柔らかい柔軟しなやか軟化柔らか軟質軟弱柔いやんわりぼかすぼやかすぼやけるうやむやメロー柔和温厚温和穏健まったりゆるやか

まろ・い【丸い/円い】

[形][文]まろ・し[ク]《「まるい」の古形》「まるい」に同じ。
「成ろうなら―・く納めたい葉山の了簡で」〈紅葉多情多恨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android