アワダン(英語表記)Melicope triphylla (Lam.) Merr.

世界大百科事典 第2版の解説

アワダン【Melicope triphylla (Lam.) Merr.】

琉球諸島が分布の北限となるミカン科の常緑小高木で,高さ5mくらいとなる(イラスト)。小枝灰白色で節部はやや扁平。全体に毛がない。葉は対生し,3出。小葉は倒卵状倒披針形または長楕円状倒披針形,紙質で長さ8~9cm,縁に鋸歯はない。長さ2~4cmの葉柄がある。沖縄では夏,長さ3~5cmの腋生(えきせい)の岐散状円錐花序に小さい白色の花をつける。萼片は長さ約1mm。花弁は長さ約3mm。おしべは8本。果実は袋果四つに分かれ,各分果は斜倒卵形で長さ約5mm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android