コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アワブネガイ アワブネガイ Crepidula gravispinosa; prickly slipper shell

2件 の用語解説(アワブネガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アワブネガイ
アワブネガイ
Crepidula gravispinosa; prickly slipper shell

軟体動物門腹足綱カリバガサガイ科。殻長径 2.6cm,殻短径 2cm,殻高 0.5cm。殻はふくらみが弱く,楕円形。殻表は紫褐色であるが,付着生物でよごれており,短いとげが列生する。殻頂は右後方に寄る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アワブネガイ
あわぶねがい / 安房船貝
slipper shell
[学]Crepidula gravispinosa

軟体動物門腹足綱カリバガサガイ科の巻き貝。古くはクルスガイともよばれた。房総半島以南の西太平洋からインド洋にかけて分布し、潮間帯付近の岩礁やアワビなど大形貝の殻表に付着している。殻長径26ミリメートル、殻短径約20ミリメートルの楕円(だえん)形で濃紫褐色。普通の巻き貝と異なって膨らみは弱く、いわゆる耳形。螺頂(らちょう)は後方に偏り、殻表は黄褐色で短いとげ列がある。殻口は広く、薄い白色の隔壁があり、英名のようにスリッパ状で蓋(ふた)はない。一生のうちに性転換をし、小形のときは雄で、大形になると雌に変わる。雌は足の下に数個の卵嚢(らんのう)を束ねて産み付け、母貝はそれを保護して移動しない習性がある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアワブネガイの言及

【クルスガイ】より

…性転換をするので知られるカリバガサガイ科の巻貝。別名アワブネガイ(泡船貝)。殻の内側をキリストを祭る厨子(ずし)に見たててこの名がある。…

※「アワブネガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アワブネガイの関連キーワード頭足類軟体動物有肺類鸚鵡貝後鰓類前鰓類象水母泡舟貝亀貝軟体類

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone