コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンカラトラ山地 アンカラトラさんちAnkaratra

2件 の用語解説(アンカラトラ山地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンカラトラ山地
アンカラトラさんち
Ankaratra

マダガスカル中部の山地。アンタナナリボの南西,アンツィラベの北に広がる。標高約 2000~2600m。最高峰はチャファジャボナ山 (2643m) 。山地をめぐる高地は米作,ジャガイモコーヒーなどの農業中心地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンカラトラ山地
あんからとらさんち
Ankaratra Highlands

南東アフリカマダガスカル島中央部のアンチシラバ北西から首都アンタナナリボの南西に連なる高原状山地。面積5000平方キロメートルに及び、準平原的な地形をもつ。最高峰はチャファジャボナ山(2643メートル)。南東貿易風が卓越するために東側斜面は高温多湿で、西側斜面と対照的である。農牧業に伴う土地利用土壌侵食をおこし、ラバカという地形を形成する。[堀 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone