コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アングラ演劇 アングラえんげきunderground theater

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アングラ演劇
アングラえんげき
underground theater

正式にはアンダーグラウンド (地下) 演劇といい,1960年代以後,世界各国で生れた反体制・前衛的な演劇活動をさす。日本では,おもに俳優の肉体を武器として新劇に対抗した一連の演劇運動をさし,唐十郎の「状況劇場」,寺山修司の「天井桟敷」,鈴木忠志の「早稲田小劇場」などの演劇集団,あるいは劇作家別役実清水邦夫演出家蜷川幸雄らに代表される。彼らは既成の劇空間を破壊するために,小劇場,テント,街頭などで公演し,演劇上演の新しい可能性を切り開いた。次いで第2世代として,劇作家のつかこうへいらが登場。しかし次第に新劇や商業演劇と協調した活動がふえ,既成の演劇を破壊する運動としては衰退している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアングラ演劇の言及

【小劇場】より

…さらに1960年代には,公立劇場が第3の小空間実験劇場を持つことが通例となり,これに対しては〈スタジオ舞台Studiobühne〉とか〈工房Werkstatt,Werkraum〉などという名称が与えられた。このような実験的な空間から,〈アングラ演劇〉などと呼ばれる一群の新しい演劇が誕生するわけであるが,それは,いわばこの時代の世界的な現象であって,日本でも昭和30年代の中型劇場中心の時代を経て,1960年代には客席数100前後の小劇場(運動)が生まれ,それがアングラ演劇の発生をうながし,またそのような演劇が小劇場という新しい空間を必要とするという似たような過程が現出した。またアメリカのブロードウェーでいえば,興業的な演劇と対立したオフ・ブロードウェーがそれまでの歴史的な小劇場であったが,60年代以降には,さらに実験的な演劇空間としてオフ・オフ・ブロードウェーが生まれ,前衛的な演劇の担い手となった。…

【前衛劇】より

…リブモン・デセーニュ,レーモン・ルーセルなどの作品,あるいは《ユビュ王》初演30年後に結成された〈アルフレッド・ジャリ劇場〉の推進者R.ビトラックA.アルトーなどの実験的作品がその後に続く。とくにアルトーが主張した演劇における舞台言語の読み直しや,分節言語ではなく肉体言語によって空間を肉体的=物理的に埋めようとする残酷演劇の試みは,50年代前衛劇や,日本のいわゆる〈アングラ演劇〉なども含めて,その後の世界的な運動の高まりの中でしばしば見られた試みとほとんど共通のものであり,その先取りであったということができよう。 40年代の終りころ,パリのカルティエ・ラタンの小劇場を中心にいわゆる〈不条理の作家〉たちが登場した。…

※「アングラ演劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アングラ演劇の関連キーワード内田 栄一小劇場演劇金子 正次内田栄一日本演劇ベニーニ青年期

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アングラ演劇の関連情報