アングラ

デジタル大辞泉の解説

アン‐グラ

《地下の意の「アンダーグラウンド」の略》
商業性を無視し、独自の主張をする前衛的で実験的な芸術。または、その作品。1960年代に米国で発生して、日本にも普及した。映画・演劇を主とする。「アングラ芸術」
非公式または非合法であること。「アングラ新聞」
出所不明であること。「アングラ資金」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

アングラ

〘名〙 (アンダーグラウンドの略)
① 商業性を考えない実験的・前衛的な映画・演劇などの芸術。また、その劇団・劇場。
② 非合法、または非公式であること。「アングラ新聞」
[語誌]一九六七年頃から登場しはじめた「アンダーグラウンド映画」から「アングラ」が一般的になった。昭和四二年(一九六七)、東京の草月会館の実験映画会から流行したともいわれ、以来、反体制、反商業主義の前衛的な芸術・文化・風俗を指すようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアングラの言及

【アンダーグラウンド映画】より

…今日の〈自主映画〉群には,〈アメリカン・アバンギャルド〉本来の〈もっとも個人的なテーマをもっとも個人的な手段によって表現する〉という自由の精神が受け継がれているといえよう。なお,1960年代末期には《映画評論》を中心に,〈暗黒舞踏〉〈地下演劇〉なども含めて〈アングラ〉という日本的に略語化されたジャーナリスティックな風俗用語が生まれ,風化し,転用され,今日に至っている。【日比野 幸子】。…

※「アングラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アングラの関連情報