反体制(読み)ハンタイセイ

大辞林 第三版の解説

はんたいせい【反体制】

既存の政治形態・支配機構に対し、それを改革または否定すること。また、その立場。 ⇔ 体制

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はん‐たいせい【反体制】

〘名〙 その時代の国家・社会を支配する政治権力、政治体制に抵抗・反逆すること。また、そういう立場。
※傷ついた葦(1970)〈曾野綾子〉三「しかも反体制に立てる人々に人並み以上の嫉妬心を持つ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

反体制の関連情報