反体制(読み)ハンタイセイ

大辞林 第三版の解説

既存の政治形態・支配機構に対し、それを改革または否定すること。また、その立場。 ⇔ 体制

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 その時代の国家・社会を支配する政治権力、政治体制に抵抗・反逆すること。また、そういう立場。
※傷ついた葦(1970)〈曾野綾子〉三「しかも反体制に立てる人々に人並み以上の嫉妬心を持つ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

反体制の関連情報