コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アングロ・カトリック主義 アングロカトリックしゅぎ Anglo‐Catholicism

1件 の用語解説(アングロ・カトリック主義の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アングロカトリックしゅぎ【アングロ・カトリック主義 Anglo‐Catholicism】

オックスフォード運動の影響によってよりカトリック的となったアングリカン・チャーチ内の高教会派の立場をいう。初代・中世教会との連続性を保証するものとして,使徒継承にもとづく主教制と普遍的教会の2信条(ニカエア,使徒)を強調する。宗教改革がもたらしたプロテスタント的性格を極力否定し,ローマカトリック教会東方正教会,古カトリック教会等との教義・職制面での一致を主張する。信仰生活の面ではサクラメント(聖礼典,秘跡)的側面を強調し,洗礼,聖餐だけではなく,堅信礼,告解(個人懺悔),結婚,叙階(聖職按手),終油をサクラメントと認める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアングロ・カトリック主義の言及

【アングリカン・チャーチ】より

…安定したかに見えた国教会体制はスチュアート朝の登場によって危うくされ,1640年,絶対王政と結びついた主教制と祈禱書は廃止されたが,60年王政復古とともに再確立し,ピューリタンは信従を拒否して非国教徒となり,88年の名誉革命後は自由教会を形成した。 イギリス国民の海外進出とともに始まるアングリカン・チャーチの海外伝道は福音宣教協会(Society for the Propagation of the Gospel in foreign parts,略称SPG)と教会宣教協会(Church Missionary Society,略称CMS)によって進められ,オックスフォード運動以後は,前者がアングロ・カトリック主義を,後者が低教会派の福音主義を標榜して世界各地で伝道に努めた。日本では1859年アメリカ聖公会のC.M.ウィリアムズとリギンズJohn Ligginsが最初の宣教師として伝道を開始し,CMSが69年,SPGがその4年後に最初の宣教師を送り込んだ。…

【高教会】より

…名誉革命後,ウィリアム3世への臣従を拒否したものが高教会派に多かったため,教会と国家の首脳部が低教会派を優遇する時代が続いたが,キーブルJohn Keble,ピュージーEdward Bouverie Pusey,J.H.ニューマンらのオックスフォード運動によって,高教会派はふたたび活気づけられ,以後アングリカン・チャーチ内の一大勢力として今日に至っている。高教会派のなかでよりカトリック的な立場はアングロ・カトリック主義と呼ばれ,16世紀の宗教改革者らの貢献を否定し,礼拝・信仰生活面でカトリック的慣行を大幅に復活させたため,低教会派の厳しい批判を受けた。アングリカン・チャーチ【八代 崇】。…

※「アングロ・カトリック主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アングロ・カトリック主義の関連キーワードオックスフォードオックスフォード運動オックスフォード英語辞典オックスフォード学派オックスフォード大学オックスフォードシューズオックスフォード街オックスフォードグレーオックスフォードストリートオックスフォード運河の殺人

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone