コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンコールワット遺跡 アンコールワットいせき

1件 の用語解説(アンコールワット遺跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

アンコールワットいせき【アンコールワット遺跡】

カンボジア西部のシエムレアプ(Siem Reap)北郊にあるアンコール遺跡群(世界遺産)の中の一つで、この遺跡を代表するヒンドゥー寺院の遺構。周囲1.5kmと1.3kmの長方形に濠で囲まれており、伽藍(がらん)の高さは65mに達する。12世紀前半に、クメール王国(アンコール王朝)のスーリヤヴァルマン2世が30年以上の歳月を費やして建設したもので、その大伽藍や美しい彫刻からクメール建築の傑作とされ、カンボジア国旗の中央にも、国の象徴として描かれている。1970年代のカンボジア内戦時、クメール・ルージュにより破壊されたが、各国が協力して修復にあたっている。◇アンコール(Angkor)は「王都」、ワット(Wat)は「寺院」を意味する。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンコールワット遺跡の関連キーワードカンボジアカンボジア語民主カンボジア国連カンボジア暫定統治機構印度支那国際連合カンボジア暫定統治機構SNCクメールルージュCLMVタイ・カンボジア衝突

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンコールワット遺跡の関連情報