アンタルヤ(英語表記)Antalya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンタルヤ
Antalya

トルコ南西部,地中海に面したアンタルヤ湾奥の都市。同名県の県都。前2世紀にペルガモン朝によって建設された古い港で,中世にはビザンチンの要塞,十字軍時代にはパレスチナへ進軍する重要な出航地であった。 1207年にはセルジューク・トルコに占領され,チムールの侵入による分裂を経て,15世紀後半にはオスマン帝国領となった。亜熱帯気候と周辺の豊かな古代遺跡によって,重要な観光都市となっている。ローマ時代以来の城壁に囲まれた旧市は,港を見おろす丘の上にあり,古代の灯台,セルジューク時代の宗教学校やモスクがある。3つのアーチをもつ大理石の「ハドリアヌスの門」は 130年にこの地を訪れたローマ皇帝を記念するものである。人口 37万 8208 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンタルヤの関連情報