アンダードッグ効果(読み)アンダードッグこうか(英語表記)underdog effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アンダードッグ効果」の解説

アンダードッグ効果
アンダードッグこうか
underdog effect

判官びいき効果。選挙前の予測で不利とされた候補者に「判官びいき」でが集り,選挙の結果は逆に勝つという,選挙予測の効果のこと。選挙の予測報道にこの効果があることは,世論調査データの分析により 1940年代にアメリカ最初に発見された。これはアナウンスメント効果の一形態と考えられる。以前日本では「負け犬効果」と直訳されて用いられたこともあったが,意味を誤って伝える可能性もあるので「判官びいき効果」と訳されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「アンダードッグ効果」の解説

アンダードッグ‐こうか〔‐カウクワ〕【アンダードッグ効果】

underdog effect アンダードッグ(underdog)は、勝ち目のない人、負け犬の意》選挙の勝敗予測で劣勢にあると報じられた候補者に対し、同情から多くの票が集まり、逆転勝利へとつながる現象をいう。→バンドワゴン効果

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android