アンダードッグ効果(読み)アンダードッグこうか(英語表記)underdog effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンダードッグ効果
アンダードッグこうか
underdog effect

判官びいき効果。選挙前の予測で不利とされた候補者に「判官びいき」で票が集り,選挙の結果は逆に勝つという,選挙予測の効果のこと。選挙の予測報道にこの効果があることは,世論調査データの分析により 1940年代にアメリカで最初に発見された。これはアナウンスメント効果の一形態と考えられる。以前日本では「負け犬効果」と直訳されて用いられたこともあったが,意味を誤って伝える可能性もあるので「判官びいき効果」と訳されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンダードッグ‐こうか〔‐カウクワ〕【アンダードッグ効果】

underdog effect アンダードッグ(underdog)は、勝ち目のない人、負け犬の意》選挙の勝敗予測で劣勢にあると報じられた候補者に対し、同情から多くの票が集まり、逆転勝利へとつながる現象をいう。→バンドワゴン効果

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アンダードッグこうか【アンダードッグ効果】

投票予測や勝敗予測で劣勢だったほうを応援する傾向が出てくること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android