コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンデルセン童話 アンデルセンどうわ

世界大百科事典 第2版の解説

アンデルセンどうわ【アンデルセン童話】

アンデルセン童話集。《皇帝の新しい着物》《みにくいアヒルの子》《雪の女王》《マッチ売りの少女》など,彼は150以上の童話物語を30歳ぐらいから約40年間にわたって書いた。超自然的な巨人(トロル),妖精,魔女などが活躍し,草木や動物,無生物が人間のように話す幻想の世界の物語で,子どもにもわかる素朴で単純な表現を用い,話し言葉を混ぜていきいきと書かれており,ユーモアペーソス機知に富んでいる。民話史実などを基調にした作品もあるが,作家の深い洞察力や内的経験とかかわりを持つ創作が多く,たび重なる失恋から《人魚姫》が,また姉カーレンのイメージから(それが無意識的であったとしても),人間の強烈な生命力をテーマとする《赤い靴》が生まれたといえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アンデルセン童話の関連キーワードシュワルツ(Evgeniy L'vovich Shvarts)ふなばしアンデルセン公園 子ども美術館S.コンスタンチノフ ミンコフL.Z. ザメンホフリディア ポストマウルフ レフグレンオットー スベンアナと雪の女王阪本 越郎ザメンホフ大畑 末吉竹友 藻風児童文学浜田広介ミンコフフセイン裸の王様大畑末吉親指姫

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンデルセン童話の関連情報