コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンデルセン童話 アンデルセンどうわ

1件 の用語解説(アンデルセン童話の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アンデルセンどうわ【アンデルセン童話】

アンデルセンの童話集。《皇帝の新しい着物》《みにくいアヒルの子》《雪の女王》《マッチ売りの少女》など,彼は150以上の童話や物語を30歳ぐらいから約40年間にわたって書いた。超自然的な巨人(トロル),妖精,魔女などが活躍し,草木や動物,無生物が人間のように話す幻想の世界の物語で,子どもにもわかる素朴で単純な表現を用い,話し言葉を混ぜていきいきと書かれており,ユーモアペーソスと機知に富んでいる。民話,史実などを基調にした作品もあるが,作家の深い洞察力や内的経験とかかわりを持つ創作が多く,たび重なる失恋から《人魚姫》が,また姉カーレンのイメージから(それが無意識的であったとしても),人間の強烈な生命力をテーマとする《赤い靴》が生まれたといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンデルセン童話の関連キーワードアンデルセンオーデンセシンデレラアンデルセンネクセ赤い着物を着るカステレット要塞ネアンデルタールふなばしアンデルセン公園大畑末吉アンデルセン・パン生活文化研究所

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンデルセン童話の関連情報