アントニオ・カルロス ジョビン(英語表記)Antonio Carlos Jobin

20世紀西洋人名事典の解説

アントニオ・カルロス ジョビン
Antonio Carlos Jobin


1927 -
ブラジルの作曲家,ピアニスト
リオ・デ・ジャネイロ生まれ。
作曲家としては1954年頃から頭角を現し、ブラジルで撮影したフランス映画「黒いオルフェ」(’57年)の音楽を担当。その後作曲した新感覚のサンバ歌曲がボサノバと名付けられ、’62年作曲の「イパネマの娘」が世界的にヒット。他に「ノー・モア・ブルース」、「ワン・ノート・サンバ」、「ウエイブ」等があり、スタン・ゲッツ、ギルエバンス等が録音。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android