アントン パネクーク(英語表記)Anton Pannekoek

20世紀西洋人名事典の解説


1873 - 1960
オランダ天文学者,社会主義者。
元・アムステル大学教授。
ライデン大学卒。
別名Antonie Pannekoek。
ライデン天文台観測員を経て、1902年オランダ社会民主労働党入党。’05年ドイツ社会民主党に招かれ、マルクス主義の教育、理論活動に従事し、ドイツの左翼急進主義の形成寄与。’14年帰国し、天文学史、天文学の研究を続ける。’25年アムステルダム大学教授に就任し天文学研究所創立。銀河の構造と星の大気の研究で国際的評価を受ける。又’28年太陽閃光スペクトルの最初の定量的分析を発表。著書人類起源」(’45年)、「天文学史」(’51年)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android