アンドレイ・ボゴリュプスキー(英語表記)Andrei Yur’evich Bogolyubskii

世界大百科事典 第2版の解説

アンドレイ・ボゴリュプスキー【Andrei Yur’evich Bogolyubskii】

1111ころ‐74
ロシアのウラジーミル・スーズダリ公。在位1157‐74年。父ユーリー・ドルゴルーキーの公位を継ぎ,まず古くからの中心都市で貴族勢力が強いロストフ市にあった公国の首都を,祖父ウラジーミル・モノマフの時代に建設されたウラジーミル市に移し(1157),ウスペンスキー(聖母昇天)聖堂を建立して首都としての充実を図った。自らは市の近傍のボゴリュボボ村に居住していたので,ボゴリュプスキーとよばれた。69年にキエフ占領,キエフの没落を決定的なものとしたが,公としてキエフには居住せず,弟を代官として据えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアンドレイ・ボゴリュプスキーの言及

【ウラジーミル大公国】より

… ウラジーミル大公国は,当初,古くからの都市ロストフとスーズダリを中心に発展したので,ロストフ・スーズダリ公国と呼ばれていた。その基礎を築いたのはウラジーミル・モノマフの息子ユーリー・ドルゴルーキー(?‐1157)で,ユーリーの息子アンドレイ・ボゴリュプスキーがこの公国をいっそう強化した。アンドレイの時,首都がウラジーミル市に移され,公の権力強化が図られた。…

※「アンドレイ・ボゴリュプスキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android