アンドロクレス(英語表記)Androcles

翻訳|Androcles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドロクレス
Androcles

ローマの作家ゲリウスが『アッチカ夜話』のなかで,アレクサンドリアの学者アピオンの著書から引用している物語の主人公。逃亡奴隷のアンドロクレスは,山中の洞穴で傷の化膿のため死に瀕したライオンを救ってやって友だちになる。のち,彼が捕えられて満員の競技場で野獣に食い殺されようとしたとき,檻から飛出したのが例のライオンだったために助かり,観衆の要求で逃亡の罪を許され,奴隷の身分から解放されて,ライオンと一緒にローマで暮したとされる。 G.B.ショーがこの話を劇化している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android