コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンヌ・ドートリッシュ アンヌ・ドートリッシュ Anne d'Autriche

2件 の用語解説(アンヌ・ドートリッシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンヌ・ドートリッシュ
アンヌ・ドートリッシュ
Anne d'Autriche

[生]1601.9.22. バラドリド
[没]1666.9.20. パリ
フランス王ルイ 13世の妃。スペインフェリペ3世の娘。ルイ 14世の母。 1615年結婚。ルイ 14世の幼少期には,J.マザランの協力を得て摂政をつとめフロンドの乱を切抜けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンヌ・ドートリッシュ
あんぬどーとりっしゅ
Anne d'Autriche
(1601―1666)

フランス王ルイ13世の王妃。スペイン王フェリペ3世とマルグリート・ドートリッシュ妃の間に生まれた。1615年ルイ13世と政略結婚。しかし性格があわず不仲で、王子(後のルイ14世)の誕生は結婚後23年たった1638年である。この間、バッキンガム公との恋愛事件や政治陰謀事件に巻き込まれたが、夫王と枢機卿(すうきけい)リシュリューの死後、摂政(せっしょう)となり、宰相マザランを起用してフロンドの乱(1648~1653)の危機を切り抜けた。マザランとはひそかな夫婦関係にあったといわれるが事実は不明である。晩年、自身の建立したバル・ド・グラス僧院を中心に敬虔(けいけん)な修道生活と慈善事業に専心した。[千葉治男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンヌ・ドートリッシュの関連キーワード色取り取り選り取り選り取り見取りバラドルアスパラドリンクDX鳥どりとりどり最中ニチレイ アセロラドリンクわたりどりカザリドリ(飾鳥)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンヌ・ドートリッシュの関連情報