コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンバルワリア Ambarvalia

世界大百科事典 第2版の解説

アンバルワリア【Ambarvalia】

西脇順三郎の日本語による第1詩集。1933年(昭和8)椎の木社刊。〈Le Monde ancien(古代世界)〉と〈Le Monde moderne(近代世界)〉の2部に分けられ,序詩を含めて31編の詩を収める。題名はラテン語で穀物祭の意,古代ローマの農業の女神ケレスを祭る儀式の名である。この詩集は,その革新的な詩法・文体に支えられた明るい知的抒情と鮮烈な感覚美とによって,昭和の詩に新風を吹きこみ,時代の詩的感受性を新方向に向かわせる役割を果たした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンバルワリア(Ambarvalia)

西脇順三郎の日本語での第1詩集。昭和8年(1933)刊行。2部構成。題名はラテン語で、古代ローマの豊穣の祭りの名称から。昭和22年(1947)に、全面的な改作改稿を施した詩集「あむばるわりあ」を刊行している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android