コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンバルワリア Ambarvalia

2件 の用語解説(アンバルワリアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アンバルワリア【Ambarvalia】

西脇順三郎日本語による第1詩集。1933年(昭和8)椎の木社刊。〈Le Monde ancien(古代世界)〉と〈Le Monde moderne(近代世界)〉の2部に分けられ,序詩を含めて31編の詩を収める。題名はラテン語で穀物祭の意,古代ローマの農業の女神ケレスを祭る儀式の名である。この詩集は,その革新的な詩法・文体に支えられた明るい知的抒情と鮮烈な感覚美とによって,昭和の詩に新風を吹きこみ,時代の詩的感受性を新方向に向かわせる役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

アンバルワリア(Ambarvalia)

西脇順三郎の日本語での第1詩集。昭和8年(1933)刊行。2部構成。題名はラテン語で、古代ローマの豊穣の祭りの名称から。昭和22年(1947)に、全面的な改作・改稿を施した詩集「あむばるわりあ」を刊行している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンバルワリアの関連キーワード北園克衛西脇順三郎三田文学滝口修造訳する安藤一郎鍵谷幸信加藤郁乎厨川文夫庄司総一

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone