コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西脇順三郎 にしわきじゅんざぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西脇順三郎
にしわきじゅんざぶろう

[生]1894.1.20. 新潟,小千谷
[没]1982.6.5. 小千谷
詩人,英文学者。 1917年慶應義塾大学理財科卒業。 22~25年オックスフォード大学で英語,英文学を学び,帰国後 26年慶大文学部教授。『超現実主義詩論』 (1929) ,『シュルレアリスム文学論』 (30) などを発表,シュルレアリスムを日本に紹介するとともに,その主知的実践としての詩集"Ambarvalia" (穀物祭,33) により新詩精神運動の中心的存在となった。第2次世界大戦後は『旅人かへらず』 (46) ,『第三の神話』 (56) ,『失われた時』 (60) などの詩集がある。芸術院会員。 71年文化功労者。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

西脇順三郎【にしわきじゅんざぶろう】

詩人,英文学者。新潟県生れ。慶大理財科卒。英国留学後母校の文学部教授。春山行夫編集の詩誌《詩と詩論》などで活躍,シュルレアリスム運動の中心となる。詩集《Ambarvalia(あむばるわりあ)》(1933年),《旅人かへらず》(1947年),《近代の寓話》《えてるにたす》,評論《超現実主義詩論》など。
→関連項目滝口修造三田派

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西脇順三郎 にしわき-じゅんざぶろう

1894-1982 大正-昭和時代の詩人,英文学者。
明治27年1月20日生まれ。イギリスに留学,大正14年英文詩集「Spectrum」を刊行。帰国後,母校慶大の教授。昭和3年から「詩と詩論」に作品,詩論を発表。8年詩集「Ambarvalia」を刊行。またシュールレアリスムなどヨーロッパの思想・文学を紹介した。46年文化功労者。昭和57年6月5日死去。88歳。新潟県出身。著作はほかに「旅人かへらず」「近代の寓話」など。
【格言など】考えよ人生の旅人 汝もまた岩間からしみ出た 水霊にすぎない(「旅人かへらず」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にしわきじゅんざぶろう【西脇順三郎】

1894‐1982(明治27‐昭和57)
詩人,英文学者。新潟県の生れ。中学を卒業後,画家を志して上京,藤島武二の門に入るが,当時の画学生の気風になじめず,画家を断念する。転じて慶応義塾大学を卒業。28歳のときにイギリスに留学し,オックスフォード大学で古代中世英語英文学を学ぶかたわら,当地の若い詩人らと交遊,モダニズム文芸の洗礼を受ける。1925年には,ロンドンで英語の詩集《Spectrum》を刊行した。帰国後,母校の文学部教授に就くと同時に活発な文学活動を始め,28年春山行夫編集の《詩と詩論》が創刊されるや,同誌に詩論,エッセー,作品を精力的に執筆し,当時の新詩運動の中心的な一人となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にしわきじゅんざぶろう【西脇順三郎】

1894~1982) 詩人・英文学者。新潟県生まれ。慶大理財科卒。慶大教授。シュールレアリスムの理論家として指導的位置を占め、現代詩の代表的詩人。著、詩集「Ambarvalia」「旅人かへらず」「第三の神話」、評論「 T ・ S ・エリオット」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西脇順三郎
にしわきじゅんざぶろう
(1894―1982)

詩人、英文学者。明治27年1月20日新潟県小千谷(おぢや)町に生まれる。慶応義塾大学理財科出身。ラテン語で卒業論文「純粋経済学」を提出。1922年(大正11)渡英。ダダ、未来派、立体派、シュルレアリスムなど前衛芸術の美と思想の渦巻くロンドンで、J・コリアーやS・バインズらと交流。モダニズムの洗礼を受ける。翌年、オックスフォード大学で古代中世英語英文学や言語学を学ぶ。24年10月、『THE CHAPBOOK』に「A Kensington Idyll」を発表。25年8月、ケイム・プレスより詩集『SPECTRUM』を刊行。『タイムズ』文芸付録、『デーリー・ニューズ』などに紹介された。26年4月、母校の英文科教授に就任。「プロフアヌス」(『三田文学』1926.4)で、A・ブルトンやI・ゴルのシュルレアリスムを「超自然主義」として受容。27年(昭和2)12月、自ら命名した『馥郁(ふくいく)タル火夫ヨ』を、佐藤朔(さく)、滝口修造、上田保らと創刊。『詩と詩論』の理論的指導者として活躍。『超現実主義詩論』(1929)、『シユルレアリスム文学論』(1930)、『ヨーロッパ文学』(1933)、『現代英吉利(イギリス)文学』(1934)などの多彩な著作活動を通して、シュルレアリスムをはじめ、ヨーロッパの新興文学のもっとも権威ある媒介者としてカリスマ的影響を与えた。「春の朝でも/我がシゝリヤのパイプは秋の音がする。/幾千年の思ひをたどり。」(「カプリの牧人」)を典型的詩想とする、詩集『Ambarvalia(アムバルワリア)』(1933・椎の木社)は、前衛詩の古典として昭和詩史にエポックを画す。
 第二次世界大戦中は詩作を断念し、『英米思想史』(1941)、編著『世界の言葉』(1943)のほかは、原始文化や民俗学、日本・中国の古典文学に沈潜し、博士論文『古代文学序説』(1948・好学社)の完成に専念する。敗戦体験を媒介に、『旅人かへらず』(1947)で詩的回心を告知し、『近代の寓話(ぐうわ)』(1953)、『第三の神話』(1956)、『失われた時』(1960)、『壌歌(じょうか)』(1969)と、東洋と西洋の美的伝統の精髄を汎神(はんしん)論的生命観から主体的に統一し、天衣無縫なシンクレティシズム(折衷主義)の詩風を形成。ノーベル文学賞にも推された。T・S・エリオット、ジョイス、シェークスピア、マラルメ等の訳詩がある。日本現代詩人会会長、日本学術会議会員、日本芸術院会員、アメリカアカデミー名誉会員、文化功労者。詩業は、M・D・ラケウィルツのイタリア語訳『GENNAIO A KYOTO』(京都のお正月)のほか、イギリス、フランス、旧ソ連、中国、韓国、ノルウェー、ルーマニアに紹介されている。R・M・リルケ、P・バレリー、T・S・エリオットとともに20世紀を代表する国際詩人で、その死に際し『ロンドン・タイムズ』(1982.6.19)は長文の追悼記事を発表した。昭和57年6月5日没。[千葉宣一]
『『西脇順三郎全集』11巻・別巻1(1982~83・筑摩書房) ▽村野四郎他編『西脇順三郎研究』(1971・右文書院) ▽鍵谷幸信著『詩人西脇順三郎』(1983・筑摩書房) ▽安東伸介他編『回想の西脇順三郎』(1983・三田文学ライブラリー)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の西脇順三郎の言及

【アンバルワリア】より

西脇順三郎の日本語による第1詩集。1933年(昭和8)椎の木社刊。…

【シュルレアリスム】より

… 東アジア圏では,日本にのみこの運動の影響が及んだ。20年代の後半に西脇順三郎らの紹介によって,若い詩人たちの間に関心が芽生え,《詩と詩論》などいくつかの雑誌が刊行された。しかし最初の本格的なシュルレアリスム的活動は,滝口修造による自動記述の実験(1929‐31)とブルトン著《シュルレアリスムと絵画》(1928)の翻訳(1930)である。…

※「西脇順三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

西脇順三郎の関連キーワードエリオット(Thomas Stearns Eliot)小千谷市立図書館内西脇順三郎記念室・記念画廊カンタベリー物語新潟県小千谷市西脇 順三郎三浦 孝之助厨川 文夫エリオット鍵谷 幸信百田宗治村野四郎飯島耕一安藤一郎北川冬彦鍵谷幸信厨川文夫三田文学庄司総一北園克衛加藤郁乎

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西脇順三郎の関連情報