コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンプル管 アンプルかんampoule tube

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンプル管
アンプルかん
ampoule tube

薬剤および化学薬品の薬液を封入する特殊なガラス容器。内容物 (薬品) との間に化学的安定性が要求され,特に耐水性があり,内容物を中性に保つ中性ガラスを用いる。材質としてはホウケイ酸ガラスが使用されるが,作業性や耐水性,化学的安定性を改善するためにアルカリやアルミナ酸化カルシウムなどが添加されている。また,光線の影響による内容物の変質を防ぐため,褐色のものが用いられることもある。 JISでは容量,化学的耐久性,熱衝撃性などにつき詳細に規定している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンプル管の関連キーワード理化学用ガラス不二硝子

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android