コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンプル管 アンプルかんampoule tube

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンプル管
アンプルかん
ampoule tube

薬剤および化学薬品の薬液を封入する特殊なガラス容器。内容物 (薬品) との間に化学的安定性が要求され,特に耐水性があり,内容物を中性に保つ中性ガラスを用いる。材質としてはホウケイ酸ガラスが使用されるが,作業性や耐水性,化学的安定性を改善するためにアルカリアルミナ酸化カルシウムなどが添加されている。また,光線の影響による内容物の変質を防ぐため,褐色のものが用いられることもある。 JISでは容量,化学的耐久性,熱衝撃性などにつき詳細に規定している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone