アンミ(英語表記)tooth‐pick

世界大百科事典 第2版の解説

アンミ【tooth‐pick】

30~100cmほどになるセリ科の一年草(イラスト)。古くはエジプトを中心とした北アフリカの民間薬で,ディオスコリデスの《薬物誌》にも図と説明がみられる。細裂した葉を出し,ニンジンに似る。夏季に散形状に多数の花をつけ,果実は長楕円形。この果実をエジプトでケラkhella,あるいはケラ実という。フロクロモン誘導体ケーリンkhellin(有効成分),ビスナギンvisnagin,ビスアンミノールvisamminol,ケロールグルコシドkhellolglucoside,クマリン誘導体サミジンsamidin,ジヒドロサミジンdihydrosamidinなどを含む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android