コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンミ tooth‐pick

世界大百科事典 第2版の解説

アンミ【tooth‐pick】

30~100cmほどになるセリ科の一年草(イラスト)。古くはエジプトを中心とした北アフリカの民間薬で,ディオスコリデスの《薬物誌》にも図と説明がみられる。細裂した葉を出し,ニンジンに似る。夏季に散形状に多数の花をつけ,果実は長楕円形。この果実をエジプトでケラkhella,あるいはケラ実という。フロクロモン誘導体ケーリンkhellin(有効成分),ビスナギンvisnagin,ビスアンミノールvisamminol,ケロールグルコシドkhellolglucoside,クマリン誘導体サミジンsamidin,ジヒドロサミジンdihydrosamidinなどを含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンミの関連キーワードウェルナー(Alfred Werner)ブランコ ~ブーワンの歌~チェリッサ カーネシス‐トランス異性南スーダン派遣団銅アンモニア溶液アンモニア錯体銅アンミン錯塩ハワイアン音楽イオン(原子)アンモニア錯塩レースフラワー分光化学系列有効原子番号アンミン錯塩キレート効果イオン化異性アクア錯塩アンモニアアラビア語