コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンモニア酸化法 あんもにあさんかほう

1件 の用語解説(アンモニア酸化法の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンモニア酸化法
あんもにあさんかほう

アンモニアNH3を酸化して硝酸HNO3を製造する方法。アンモニアを空気または酸素と混合し、900℃程度の高温で触媒の助けを借りて反応させ、一酸化窒素NOを得、冷却後、これをさらに酸化して二酸化窒素NO2にする。この二酸化窒素を水に吸収させて硝酸を製造する。
  4NH3+5O2―→4NO+6H2O
  2NO+O2―→2NO2
  3NO2+H2O―→2HNO3+NO
この吸収過程でも一酸化窒素を生ずるがこれはふたたび二酸化窒素に変えて水に吸収させる。酸化や吸収の工程を1気圧で操業する常圧法では製品濃度は50~60%であるが、圧力を高める方式(中・高圧法)では65~68%のものが得られる。触媒として白金または白金・ロジウム合金の細線を網に編んで使用する。この触媒を用いる方法は1902年ドイツのオストワルトによって開発されたのでオストワルト法ともよばれているが、工業化に成功したのは同じドイツのフランクAdolf Frank(1834―1916)とカロNikodem Caro(1871―?)で1914年のことである。[足立吟也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアンモニア酸化法の言及

【硝酸】より

…前者は資源枯渇により,後者は電力消費量が大きく,生成NO濃度が少のため,長くは利用されなかった。現在は,1902年F.W.オストワルトの研究になるアンモニア酸化法(オストワルト法)によりもっぱら生産されている。(1)希硝酸 製造工程は次の3部分からなる。…

※「アンモニア酸化法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone