コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーミル アーミル`āmil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーミル
`āmil

「命じられた事の執行者」を意味するアラビア語。預言者ムハンマドの時代から初期イスラム国家では徴税官の意味で使用された例が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アーミル【‘āmil】

〈代行者〉を意味するアラビア語。公私いずれにおいても用いられるが,行政上では〈官吏〉〈役人〉とくに〈徴税官〉を指す。ムハンマドはイスラム教徒からの救貧税(ザカート)や非イスラム教徒からの貢納を徴収するために,アーミルを派遣したという。正統カリフ時代では,徴税官ばかりでなく,征服した州の総督を指すこともあった。ウマイヤ朝では,アミールと並んで,州の総督の意味で用いられたが,末期近くなって中央集権化が図られ,地方政治を軍事権と財政権とに分離するようになると,軍事を担当する総督のアミールに対し,財政を担当する者をアーミル,すなわち税務長官として派遣した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアーミルの言及

【アミール】より

…これらのほか,モスクや橋,用水路,道路などの公共施設の建設,警察長官を任命し,秩序を維持すること,駅逓組織の整備,銀貨の鋳造などにもたずさわった。アミールが徴税に関する権限をも持ったため,同一人物が徴税官アーミル‘āmilと呼ばれることもあった。しだいにアーミルの機能はアミールから独立していったが,史料では両者を混同して使っている場合もあった。…

【勧農】より

…彼は都市に流入したペルシア人の新改宗者マワーリーを強制的に帰村させて国庫収入の低下を食い止めるとともに,水路を開削し農民を入植させることによって下イラクの広大な湿地帯の開拓に成功した。アッバース朝政府もこの政策を踏襲し,水利機構の管理や耕作の監督を各地に派遣した徴税官(アーミル)の業務にゆだねた。しかし10世紀半ばにイクター制が成立するとイマーラはイクター保有者である軍人の義務となり,政府の統制が弱いブワイフ朝下のイラクでは,イマーラを無視した収奪が行われたために多くの農村が荒廃に帰したといわれる。…

※「アーミル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アーミルの関連キーワードマンスール(alアブー・アーミル・イブン・シュハイドウマル[1世]アルマンソル後ウマイヤ朝インド映画アーミル家

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アーミルの関連情報